アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

MENU

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

旅行

 

今日から具体的に、僕たち夫婦がやっているネットで行う物販ビジネスの仕組みを紹介していきます。

 

店舗を経営している個人事業主でネット上に新たな販路を作りたい方や、副業で低リスクな物販ビジネスを始めたい方はどうぞ。

 

ビジネスを全然知らない人にもわかりやすく説明していくので、初心者の方もどうぞ。

 

 

旅行物販ビジネス講座は複数回に分かれています

 

第一回:僕が物販ビジネスを始めたきかっけ
第二回:アマゾンを使った物販ビジネスで最強の集客力を手に入れる←今はココ
第三回:アマゾンを使うと損するリスクが最小になる理由
第四回:物販ビジネスの本質は安く仕入れて高く売る

 

 

アマゾンのプラットフォームを利用した物販ビジネス

 

僕たちの物販ビジネスはアマゾンに自分だけのショップを作るところからはじまります。

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

非常に簡単な手続きで、個人でもアマゾンに自分だけのショップをもつことができるんですが。

 

 

多分

 

 

え!?アマゾンの商品ってアマゾンが売ってるんじゃないの?
ショップを持つってどういう意味?

 

 

と思った方も中にはいると思いますが

 

 

実際僕もそう思っていました

 

 

結論から言うと、アマゾンで売ってる商品すべては、アマゾンが販売しているわけではないんです。アマゾンが売ってるものもありますが、いまはもう、大半が、個別のショップが販売しています。

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

アマゾンは自分で在庫を抱え、自分で販売するより、出店希望者にシステムを貸して、出店料として手数料をとった方が在庫を抱えるリスクが無くて儲かると踏んだんでしょうね。

 

 

ちなみにこういうビジネスをプラットホーム型のビジネスといいます。

 

プラットホーム型のビジネスとは自分の庭を貸して、出店手数料をもらったり、広告料をもらうようなうような感じのビジネスです。

 

 

例えば、お祭りなんかを想像してもらいたいんですが。

 

 

屋台を置けるスペースや、水道、ガス、電気などのシステムの提供や、祭りへの集客、イベントを行ってくれる祭りの実行委員がアマゾン

 

実際に屋台を出して販売するのが僕達

 

 

集客の代行やインフラの貸出を受ける代わりに、出店手数料として、売上の何%かを祭りの実行委員(アマゾン)に渡す、というような感じです。

 

 

 

実は現代はプラットフォーム型のビジネスが百花繚乱の時代です。

 

 

代表的なもので言えばyoutube。

 

グーグルはyoutubeという庭を開放して、、ユーザーに動画を投稿させて広告料で稼いでいます。

 

LINEもそうですね、LINEという庭を無料で開放して、その中でスタンプを販売したり、ゲームで遊んで貰って稼いでいます。

 

ヤフオクもそうだし、楽天もそうだし、バイマもそうです・・・・

 

 

というわけで、アマゾンも当然、このプラットフォーム型のビジネスを展開し、自分の庭に出店させる代わりに手数料を取って稼いでいるわけです。

 

そのおかげで、僕たち個人でも、気軽にアマゾンにショップを持てるようになり、アマゾンが持っているシステムを格安で利用出来るようになったわけですよね。

 

ショップといえば、楽天もと思う方もいると思いますが、楽天は個人が出店するにはハードルが高いので、僕たちはアマゾンを利用しています。

 

 

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

・個人でも簡単にアマゾンに自分だけのショップを持つことが出来る

 

・アマゾンは自分で在庫を抱え、自分で販売するより、出店希望者にシステムを貸して、出店料として手数料を取るプラットフォーム型のビジネスを展開している。

 

・プラットホーム型のビジネスとは自分の庭を貸して、出店手数料をもらったり、広告料をもらうようなうような感じのビジネス、代表的な例はyoutube。

 

・アマゾンのプラットフォームを利用することで個人でも、アマゾンが持っているシステムを格安で利用出来るようになった。

 

 

 

アマゾンに出店することのメリットは?

 

では、アマゾンに出店することで、どんなメリットがあるのかを考えていきます。

 

物販ビジネスで行うべき作業は大きくわけて4つです

 

 

仕入れ
出品
集客(販売)
発送

 

 

です、経理などもありますが、直接利益に直結する作業はこの

 

仕入れ
出品
集客(販売)
発送

 

 

4つなので、ここではこの4つだけに絞って考えて行きます。

 

 

商品を仕入れ、出品し、販売し、発送する、この流れで、利益が上がる構造はわかりますよね?全然むつかしい話ではありません。

 

駄菓子屋のおばちゃんがやってることと基本的には同じです。(駄菓子屋に発送業務は無いですが)

 

 

 

まず結論から先に言うと、アマゾンにショップを出す最強のメリットは

 

 

集客、発送を代行してくれるところです

 

 

4つあるうちの2つを完全にお任せできるところがアマゾンを使う最大のメリットです。

 

出品作業は、慣れてしまえば、商品を出すだけの簡単なお仕事なので、残った仕入れだけに、時間を最大限に時間を割くことが出来るのがメリットなんですね。

 

 

さて、ここで、似たようなプラットフォームである、楽天、ヤフオクとアマゾンを比べてみます。

 

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

ヤフオクに出品したことがある人ならわかると思いますが、発送は自分でやらないといけません、これが量が多くなってくると大変な負担になります。

 

基本的に、物販ビジネスは仕入れが出来ないと利益が生まれません、発送に時間が取られていては仕入れの為に使う時間が圧縮されます。

 

もともとヤフオクはビジネス向けではなく、個人取引向けなので、数をこなすには向いていないんです。

 

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

続いて楽天ですが、楽天は、とにかく出店費用が高いんです(最低でも30万円かかります)、これは完全に個人向けではなく、法人向けのプラットフォームになります。

 

ビジネスが成長して、月商が大きくなれば、選択肢に入りますが、個人ではじめるにはリスクが大きすぎるため選択肢からはずれます

 

 

プラットフォーム

手数料

対象

メリット・デメリット

アマゾンのプラットフォームが利用できると思えばかなり安い。

法人か個人で物販ビジネスを立ち上げたい人向け

発送、集客を代行してくれるので仕入れに集中できる。
その分ヤフオクより手数料が高い。

法人向けのためかなり高額、個人では手が出ない

法人向け

利用したことが無いのでわからない

個人取引向けのためかなり低額

個人向け

発送は自分で行うので手間暇がかかる。
その分手数料は安い

 

 

ここで着目すべきは集客代行

 

僕がアマゾンを使う上で、もっとも大きなメリットと思えるのが

 

 

集客代行です

 

 

少しでも、ネットビジネスやリアルビジネをかじった事がある人ならわかるはずです

 

 

いかに集客が大変か

 

 

手数料払うのが嫌だから、自分でサイト作って、自分で販売した方が稼げるじゃん、そっちのほうが絶対にいいじゃん!!って思った人もいるかもしれませんが。

 

残念ですがそれでは稼げないんです。

 

 

そもそもお客さんが来ません

 

 

祭りに屋台を出すのは、祭りに人が集まるから、つまり集客の必要が無いからです、加えて言うなら、購買意欲をくすぐる雰囲気や仕掛けがあるからです。

 

祭りもやっていないような道端で、初心者が屋台だしたところで、人は素通りしても客は来ません。

 

 

旅行

 

 

僕の家の近くに昔、かなり気合の入ったアメリカンスタイルのハンバーガーショップが開店しました。内装もすごくこだわっていて、雰囲気も良かったんですが・・・場所が悪く全然集客できなかったみたいで

 

 

あっという間に閉店してしまったんです

 

 

きっと、回転資金にものすごくお金を使っただろうと思うわけです、一度だけ食べに行ったことがありますが、すごくこだわってました、味も美味しいです・・・でも店主にどんな情熱があろうと、どんな素敵な店を構えようと集客できなければ意味がないんです

 

 

集客できなきゃ、情熱とともにあっさり廃業します。

 

なので、アマゾンを使った物販ビジネスが一番簡単だと、僕は思うわけなのですが、実際アマゾンの集客力がどれだけあるか、アマゾンを利用した人なら、なんとなくわかると思いますが、2014年度の日本国内のアマゾンと楽天の売上を比較するとこうなります

 

 

アマゾン(国内):79億1200万ドル(1ドル120円換算で約9500億円)
楽天:5985億6500万円

 

 

アマゾンは楽天の約1.5倍の売上でした。

 

国内最強の集客力をそのまま利用出来るのが、アマゾンを利用する最大のメリットだと、僕は考えています。

 

 

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

・アマゾンのプラットフォームを利用することで、集客、発送を代行してもらえる

 

・アマゾンの集客力は楽天の1.5倍

 

・集客と発送をやらなくていいので、一番肝心な仕入れに集中することが出来る。

 

・集客が出来なければ、そもそもビジネスが成り立たない、アマゾンの集客力が利用できる恩恵はかなり大きい。

 

 

 

アマゾンを使った物販ビジネスで集客できないリスクを低くする

 

 

・アマゾンのプラットフォームを利用することで、個人でも簡単に物販ビジネスに参入できる

 

・発送と集客を代行してもらえるので、忙しいサラリーマンでも副業として成立する

 

・店舗を経営している個人事業主でも、アマゾンを使えば、簡単にネット上に新たな販路を作り出せる

 

以上です

 

 

次回の講座では具体的に仕入れに関して書いていこうと思います。

 

 

アマゾンに出店することで、仕入れに集中出来ることがわかりましたが

 

仕入れはどこでするの?
何を仕入れればいいの?
商品知識は?

 

など、まだまだ様々な疑問があると思うのでその辺を掘り下げて解説したいと思います。

 

アマゾンを使うと損するリスクが最小になる理由を解説しながら仕入れの方法を解説します。

 

 

アマゾンを使うと損するリスクが最小になる理由へ続く

 

 

 

さっさと実績を上げたい方やより確実を求める方は、僕のサポートを受けてみてください。
6ヶ月間実践して10万円稼げなかったら無条件で全額返金付いてるんで、超低リスクです。
↓↓↓↓
旅行
物販ビジネスで月20万円稼ぐ為のサポート

 

 

多くの実績者を輩出しています(実績者の一部:全員初心者です)
↓↓↓↓
ともぞうさん:月収25万円
たよちさん:月収15万円
りゅうぞうさん:月収20万円
専業主婦Mさん:月収20万円
専業主婦Yさん:月収30万円
兼業主婦アミナさん:10万円
けんじさん:月収10万円
フジタさん:月収23万円
SATOさん:月収20万円
ヨシタカさん:月収70万円
ヨシギューさん月収100万円
SUZUKIさん月収15万円

 

 

ただ、サポートには限界があるので

 

予告なく申し込みを締め切ることがあります、予めご了承ください

 

 

不明点などありましたらご質問、お気軽にどうぞ

 

お問い合わせ

 

返信はかなり早いと思います。

 

 

合わせて読みたい関連記事

 

物販ビジネス(せどり)サポート生、実績者の声まとめ
事業やビジネスは悪い時期があるからこそ収入が増えます
せどりに興味を持ったのです初心者でも大丈夫ですか?
物販ビジネス(せどり)サポート生の作業報告集

旅行




旅行
物販ビジネス基礎講座
旅行
僕はこの習慣で夢を叶えました
旅行
夢を叶えるコミュニティ・夢コミ
旅行
読者様からの手紙
旅行
ハワイ旅行記事一覧
旅行
北海道旅行記
旅行
温泉旅行記事一覧
旅行
セブ島旅行記
記事が役に立ったらネコの顔をクリックしてくれるとうれしいです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 仲良し夫婦へ
にほんブログ村

関連ページ

ビジネス初心者主婦Tさんのせどり日誌、少しのことで人は変わる
ビジネス初心者主婦Tさんをサポートした時の記録です、せどり日誌、少しのことで人は変われるものです。
行動力重視のMさん、せどりは行動力があれば稼げます
初心者ばかりですが、物販ビジネス(せどり)を始めた読者の声を掲載します。
海外在住主婦、Mさんのせどり日誌、やる気があれば誰でも稼げる
バンコク在住の主婦、Mさんのせどり日誌ですやる気があれば誰でも稼ぐ事ができることを彼女は証明してくれました。
旦那の方が本気に、専業主婦Yさんの夫婦でせどり
いつの間にか旦那の方が本気に、なっていまった専業主婦Yさんは夫婦でせどりを楽しんでいらっしゃいます。
物販ビジネス(せどり)は二ヶ月以内に結果を出すと後が楽、Sさんの挑戦
物販ビジネス(せどり)は二ヶ月以内に結果を出すと後が楽です、さっさと結果を出したほうが楽しくなるからです。
物販ビジネス(せどり)サポート生の作業報告集
初心者ばかりですが、物販ビジネス(せどり)を始めた読者の声を掲載します。
電脳仕入れで月商50万円達成のけんじさん
電脳仕入れで月商50万円達成のけんじさんが報告をくれました。
おしどり夫婦の物販ビジネス(せどり)挑戦記
初心者ばかりですが、物販ビジネス(せどり)を始めた読者の声を掲載します、今回は夫婦で挑戦しているIさん。
死にたいくらい辛い経験からのせどり月収23万円、大逆転Fさん
死にたいくらい辛い経験から立ち直ったFさんは今やせどり月収23万円です、辛い時期を乗り越えたからこそ、大きく成長したんだと思います。
自己資金が少ないSさんの物販ビジネス(せどり)挑戦記
自己資金が少ないSさです、んの物販ビジネス(せどり)挑戦記です、自己資金が少なくても、全然問題なく稼げます。
物販ビジネス(せどり)に集中で5ヶ月で月収20万円達成のSさん
物販ビジネス(せどり)をはじめて5ヶ月で月収20万円達成のSATOさんが成功した秘訣は、集中です。
僕が物販ビジネスを始めたきかっけ
物販ビジネス基礎講座ということですが、本格的な話に入る前に、今日は僕が物販ビジネスを始めたきっかけをお話していこうと思っています。
ニッチな視点でせどりで月収15万円稼ぐたよちさん
働きながら、物販ビジネス(せどり)で月15万円を稼ぐたよちさんとの対談音声です。たよちさんは僕がサポートした中では、スタートでつまづき苦戦した方ですが、今では立派に稼がれています。。
初めてのビジネス、楽しみながら月収20万円稼ぐりゅうぞうさんのせどり体験記
サラリーマンをしながら、物販ビジネス(せどり)で月20万円を稼ぐりゅうぞうさんとの対談音声です。りゅうぞうさんは子供が三人いらっしゃるんですが、時間が無い中での活動方法を紹介してくれています。
自己資金5万円、週14時間せどりで月収30万円、ともぞうさんの戦略
サラリーマンをしながら、物販ビジネス(せどり)で月30万円を稼ぐともぞうさんとの対談音声です。ともぞうさんは家族を優先しているので、週に14時間しか活動できませんが、それでも順調に利益を伸ばしている、その秘訣を語ってくれています。
アマゾンを使うと損するリスクが最小になる理由
第三回アマゾンを使うと損するリスクが最小になる理由と仕入れの方法を紹介します。
兼業主婦、子供2人、4ヶ月で月収10万円達成のアミナさん
兼業主婦、子供2人、でも四ヶ月で月収10万円達成のアミナさんです。実店舗を経営している個人事業主で、ネット上に新たな販路を作りたい方や副業で低リスクな物販ビジネスを始めたい方の為の物販ビジネス講座を開いています。
物販ビジネスの本質は安く仕入れて高く売る
物販ビジネスの本質は安く仕入れて高く売る、本質を学ぶほうが手っ取り早いです。